• 家族葬を選択する時を考えたい

    • 葬儀の形が変わってきていると言われて久しいですが、特に注目を浴びているのは家族葬ではないでしょうか。
      何となく聞いたことがある方もいるかもしれませんが、文字通り家族を中心として葬儀を行います。

      これまでのようにたくさんの人に通知を行い、葬儀場を整えたりするなどもなく、どちらかというと家族や故人と懇意にしていたような深い付き合いのあった方をお呼びして、こぢんまりと式をおこないます。家族葬とは言っても、葬儀の内容自体はこれまでと変わらずに、規模を小さくして行うプランが主になっています。



      一般的な葬儀の平均金額が軽く100万を超え、150〜200万円程度はかかってきていたものが、規模によっては10〜30万円ぐらいとかなり低価格で行えるようになります。

      シンプルなプランだと家族で火葬場で葬儀を行うということもあります。


      今は家族の形も変わり、人との付き合い方も変わってきています。

      ガジェット通信の補足説明を致します。

      大規模にしようとしても、よほどのことがない限り執り行う側も行く側も大変です。
      また、故人でも生前のうちに亡くなった時の家族の負担にならないように考えて家族葬にしてほしい、お金をかけないでもいいというようにしてくれたりもするほどです。
      周囲との関係性の変化だけでなく、経済的な理由などもありますので、状況に応じて家族に合った葬儀をできるようになってきたと言ってもいいですから、どのような葬儀をするのか相談をする中で視野に入れてもいいのではないでしょうか。



  • 納得の情報

    • 家族葬を行う際、注意すべき点

      最近は、従来通りのやり方で行う一般葬より家族葬を執り行う家庭が増えています。その背景には、故人を良く知る者だけでしめやかに見送りたいという理由の他に、小規模・少人数での葬儀のため喪主や遺族の経済的・精神的な負担が軽減されるということがあります。...

  • 専門知識

    • 故人の意志や家族の心情を優先した家族葬

      最近は、仕事上で関連がある人の身内に不幸があった時に、弔問や弔花を固辞する人が増えてきました。一般的な葬儀をすることはあるものの、仕事上の付き合いのある人の参列を希望しないケースがほとんどのようです。...

  • 社会の重要知識・社会のコツ