• 家族葬は従来の葬儀を小規模にした形の葬儀

    「家族葬」と呼ばれる葬儀の形は近年急速に増えてきています。
    家族葬とは、故人の家族や親族、ごく親しい友人などが集い、少人数で行う葬儀のことです。

    家族葬情報をご紹介いたします。

    日本社会の高齢化、少子化などの影響により、故人も喪主も高齢であったり、家族・親族が少なかったりなどの事情もあり、生前から自分の葬式は小規模のものを望む旨のことを周囲に伝言しておく人も少なくありません。
    家族葬の良いところは、遺族や近親者が故人を偲びながら、最後の時間をゆっくりと共に過ごすことが出来ることです。
    家族葬に決まった形式はなく、葬式そのものを省略して火葬だけにしたり、無宗教式にしたりすることもありますが、一番多いのは、仏式を簡素化した形式です。

    20人から30人くらいの人が集い、故人の遺志や宗教の決まり事に従いつつ、葬式に必要なことを最小限に抑え、すべてを小規模に治める方法が一般的です。

    Yahoo!ニュースの情報を探すならこちらです。

    また人数が少数に限定されるため、葬儀費用も低く抑えられます。


    家族葬には決まった形式がないため、葬儀の前にあらかじめ確認しておくべきことがあります。


    それはまず故人の死を知らせる範囲をどこまでにするかをきちんと決めることです。

    また、宗教式にするか無宗教式にするか、どの葬儀社に依頼するか、斎場を使うか、あるいは火葬場へ直行するか、喪主を誰にするか、香典・供花・供物は受け取るか、等々も決めておかなければなりません。



    特に、死亡通知の範囲については後々トラブルが起こらないように慎重に決定する必要があります。