深刻な被害が出る前にネズミ駆除を - ネズミ駆除には屋根裏もきちんと対策

ネズミ駆除には屋根裏もきちんと対策

  • 深刻な被害が出る前にネズミ駆除を

    • 古い木造家屋にはネズミが発生することがよくあります。シロアリとは違い、ネズミそのものの個体が大きいことから、比較的気付きやすいと言われています。
      夜間に動き回る音が聞こえることもあります。

      発生していることを知ったときは、早急にネズミ駆除を考えるべきです。
      ネズミと接触することで、感染症のリスクが高まります。噛まれることで病気に感染するのはもちろん、ごく僅かな排泄物が体内に入ることでサルモネラ菌に感染したり、ペストの原因になることがあります。
      現在では問題にはなりませんが、古くはペストで多くの人が亡くなりました。

      ネズミの駆除情報を豊富に提供しています。

      菌の感染力そのものは今でも変わっていません。


      ネズミの発生を放置することで、建物に甚大な被害を及ぼします。


      ネズミの牙は鋭く、通路を作るために壁や柱に穴を開けることができます。中心となる柱にダメージが加わると、家が崩壊する可能性があります。
      またそこでネズミが繁殖し、更に被害が大きくなります。

      食べ物や栄養分があることに関係なく何でも齧る習性がありますので、電気の配線やガス管にも被害は及び、最悪のケースとして漏電やガス爆発が起こることも考えられます。
      ネズミ駆除をしないことは、時に生命をも脅かすことになります。



      ネズミ駆除を依頼すると、家の状況を点検した後、開けられた穴を塞いで侵入を止めます。

      さらに粘着シートを使い、家の中にいるネズミを少しずつ駆除していきます。



      数回の施工工事が終了すればほぼ完全に駆除できます。