• 家族で行う小さなお葬式「家族葬」とは

    近年お葬式についての人々の考え方が変わろうとしています。
    かつては家族が亡くなるとお坊さんを呼んでお葬式をするのが当たり前でしたが、不明瞭な料金体制が問題になり、お葬式の相場も下がる傾向が見られます。
    お葬式の方法も従来の方法に加え、家族葬や直葬なども普及しつつあり、また海洋葬など自然葬の人気も高まっています。
    家族葬は「小さなお葬式」ともいわれ、家族だけでお葬式を執り行う方式です。

    家族葬情報が満載です。

    慰問客への接客や会場の設営に気を取られることなく、家族だけで故人を静かに見送りたい、その時間を大切にしたいと考える方々に支持されています。

    毎日新聞に興味をお持ちの方にお勧めの情報サイトです。

    家族葬は参加人数が家族だけになったものと考えてよく、お葬式の儀式そのものは従来通りに執り行われるのが一般的です。


    したがってご香典が集まらない分、けっして経済的に安くすむとは限らないということに注意しましょう。



    それでもかけがえのない時間を大切に過ごしたい場合には選択肢の一つと言えるでしょう。


    もしも格安でお葬式をしたい場合は別の方法を選びましょう。

    近年無宗教の方が増えたことで、お坊さんを呼ばない形でのお別れ会を行う方も増えています。
    全体に宗教観が薄れてきている傾向がありますが、読経程度はしてほしいという場合には、直葬であっても火葬後その場に僧侶を派遣してもらい読経してもらうサービスもあります。
    故人の宗教観や予算などに応じて、様々な形態のお葬式が広まっているといってよくご自分にあったお葬式を生前に考えておくのも良いでしょう。