• 故人の意志や家族の心情を優先した家族葬

    最近は、仕事上で関連がある人の身内に不幸があった時に、弔問や弔花を固辞する人が増えてきました。
    一般的な葬儀をすることはあるものの、仕事上の付き合いのある人の参列を希望しないケースがほとんどのようです。従業員など、本人の家族の場合は職場や取引先とはあまり関係ないため、多くの人の参列を希望しなくなっているようです。


    なかでも家族葬というタイプの葬儀をすることで、こぢんまりとした見送りにすることが多く、ゆっくりと身内だけで最後の時間を過ごしたいのでしょう。
    以前は参列者が少ないことは故人にとっても寂しいことであり、他の参列者からもあまりよい反応がないということがありましたが、最近では濃密な人づきあいを好まない風潮もあって少人数での葬儀が主流です。

    家族葬が最近こちらで話題になっています。

    故人の強い希望や、家族の心情によって選ばれることが多い家族葬ですが、葬儀に対する考え方が変わってきていることが要因です。

    豪華な葬儀もよいものですが、人が死ぬときは手ぶらですからあまり豪華なことが不似合と考えている人が多いようです。

    最新の朝日新聞デジタルの様々な相談を受けることができます。

    見送る人も少なくてよい、そのかわり家族全員に見送ってほしいと考えている人や、仲良しの友人に見送られたいから家族と一緒に参列してくれるようにお願いしてほしいなど、生前からの強い希望として意思表示することも当たり前になってきました。



    故人の最後の要望や、静かに見送りたいという残された家族の心情を優先する葬儀ともいえる家族葬は、ここ10年ほどで一気に増えています。